RECOMMEND
AMAZON
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

THE岐阜MAP管理者ブログ

THE岐阜MAP管理者のブログ。
開発のこと、趣味のこと、闘病のこと、私生活など語っていきたいと思います。
<< 航星日誌2016年3月20日 遅延する心の修復 | main | 航星日誌2016年3月22日 補足 笑点目指して >>
航星日誌2016年3月22日 レックリングハウゼン病/全身性慢性疼痛/廃用症候群/精神疾患 闘病記
0
    JUGEMテーマ:闘病記

    本日は、愛知の病院に通院してまいりました。

    傷病手当が10月に切れるので、それに向けて、復職できるように治療を進めてほしいとお話ししましたが、「今はまだその段階ではない(考えるタイミングでない)」とのことでした。
    あんまりにも具体的な復職プランを立ててしまうと、ものすごくしんどくなってしまうので、ピンポイントな目標設定は避けた方がいいとの医師判断でした。

    一応、10月を「主題」としては考えますが、まだ様子見が必要とのことでした。
    医師の言葉を借りると、「やろうとしたら、かなりしんどくなるでしょ?」です。

    一人暮らしの生活については、身の回りのことができているだけで合格点と言われました。

    自転車での運動については褒められました。
    リハビリからはさらに5分、歩いてみましょうということを提案されました。
    体力を付かせるためにも、勧められました。

    自炊も、主婦みたいにできていると肯定的にうけとられました。

    精神の他の問題については、折り合いのとれた見方ができているということでした。

    現状、すごいシンドイことがいっぱいありますが、それを越えてどう生活しているのか、運動、自炊、上記の精神の問題、評価できる点が増えてきている。自己肯定できないのはわかるけれど、1年前の私よりは断然に評価できると。
    自分の考えたことができている、そこを評価してほしいとのことでした。

    また、痛み改善のためには、自己評価を上げることが大切とのことで、
    今後の課題となっております。
    | 航星日誌 | 19:51 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:51 | - | - | - |