RECOMMEND
AMAZON
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

THE岐阜MAP管理者ブログ

THE岐阜MAP管理者のブログ。
開発のこと、趣味のこと、闘病のこと、私生活など語っていきたいと思います。
<< 航星日誌2016年4月9日 生存報告と近況 | main | 航星日誌2016年4月25日 静岡に帰ります >>
航星日誌2016年4月19日 レックリングハウゼン病/全身性慢性疼痛/廃用症候群/精神疾患 闘病記 及び 256記事記念
0
    JUGEMテーマ:闘病記

    ついに256記事目。PGにとってはきれいな数字です。
    本日、愛知の病院へいき、診察をうけてきました。

    「じっとしていられない」、「拘束環境が怖い」という症状があり、それについては、そういう状況下ではしんどくなりやすいよねとのこと。
    先日、新富公園と松尾池に花見に行ったのですが(いつか記事にします)、花見に「出かけた」ということはスゴイことだとのこと。

    前回の記事で、静岡に静養に行くかもしれないと言いましたが、現実味を帯びてきました。
    先生から、是非行くべきだとの太鼓判が出ました。
    戻ってきた時にしんどくなるかもしれないけれど、行って楽になるのは悪いことではないと。

    痛みについては、外部刺激(例えばシャワー)で緩和があるもやっぱり一時的だよねとのこと。

    プライドについては、私自身は「変なプライド」と思っていたのですが、それは変ではないよと指摘を受けました。

    今、意欲が下がっていることについては、引っ越し時は気持ちが(嫌でも)あがっており、それが半年たち落ち着いてきたんだから、落ちてもおかしくないと言われました。
    意欲が落ちていても自炊していることは褒められました。

    「痛い中体調が悪い中精神的にも頑張っている」のはその通りじゃないのかと。
    また、自傷行為しなかったことも評価できると言われました。

    痛みすごく強いしシンドイし、行動はなかなか立派だと思う、よく動けていると思うと。
    萎縮してしまうというのもあると思うけれど、よく動けていると。

    今回一番評価できる重要ポイントとして、
    1:ちゃんと生活を回していること
    2:色んなことにチャレンジする力を保てている

    だそうです。

    現実に直面してシンドクなるはあってもおかしくはない。
    だけどそれも去っていくし、静岡に行くのもチャレンジだから。

    この通院メモを書いている時点でチャレンジしていないとは言わせない。

    リハビリからは、座る立つの運動をするように勧められました。

    なので、日程はまだ不明ですが、多分静岡に行くと思います。
    その際は航星日誌更新できるかは分かりませんが、書け次第更新したいと思います。

    今は底の状態なので、温かく見守っていただければ幸いです。
     
    | レックリングハウゼン病 | 18:40 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:40 | - | - | - |