RECOMMEND
AMAZON
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

THE岐阜MAP管理者ブログ

THE岐阜MAP管理者のブログ。
開発のこと、趣味のこと、闘病のこと、私生活など語っていきたいと思います。
<< 航星日誌2015年7月6日 補足 | main | 航星日誌2015年7月11日 カウンセリングについて >>
航星日誌2015年7月8日 レックリングハウゼン病/精神疾患闘病日誌 通院日誌
0
    JUGEMテーマ:闘病記

    本日、愛知県の病院に通院してまいりました。

    まずは報告といたしまして、8月復職の許可が出ました。
    会社にも先程電話とメールにて連絡しましたので、多分認められて8月3日より復帰になると思います。
    復帰先はまだ決まってませんがこれまで通り名古屋になるのではないかと思っております。
    ちゃんと仕事できるかは自信はないです。精神上の問題(思考能力の低下、集中力低下、そこからくる健忘、抑鬱、ストレス発作、パニック発作)もありますし、身体的な問題(体力、全身の疼痛、筋力低下)もありますし。
    色々問題はありますが、仕事をしつつ、前のペース、壊れないペースに戻していけたらいいなと思っております。

    診察の結果としては...。

    まず九州旅行については褒められました。リハビリにもなるし、「楽しめる」ことは大事だよと。
    生活もリズムができているのはいいけれども、まだ幅があるねとのことでした(特に起床時間に関して)。
    健忘症状については、集中力低下に伴う健忘ではないかと言われました。何とも言えないけれど、神経「が」悪いからという訳ではないと思うとのこと(神経原因の否定はしませんでしたが)。

    後は、集中できる時間、椅子に座れる時間を徐々に延ばしましょうとも言われました。

    幻覚(幻視)は特に問題ないよと言われました。幻聴や監視されている感覚による恐怖感は問題だねーと言われました。
    でも、投薬バランスも大切で薬で抑え込んでしまって動けなくなるのも問題だしと。

    例の問題も解決はかなり難しいけれど、自分を否定しちゃだめよと言われました。

    痛みに関しては、頓服を出してもらえることになり、薬の調整で一旦対応。
    睡眠障害も薬を強めてもらえましたが、普通の人が飲むと寝込んでしまい動けなくなる量だとのこと。
    そんだけ身体には負担がかかっているんだよといわれました。

    車椅子については、長距離や通勤用として、補助として使うこととしてはいいと思うと言われました。
    でも、筋力を落とさないというのも大事。今できていることをやり続けられることも大切と言われました。

    薬も、症状が多すぎてすべてに対応しようとすると大量処方になってしまいデメリットしかないので、どうしても手を打ちにくいし、最終目標は減薬なので、なるべく増やしたくないとのこと。

    リハビリでは、ストレッチをして、少しでも歩くようにしましょうと言われました。
    車椅子については、実際に車椅子通勤してみてメリットデメリット考えるのも得策と言われました。
    なので、一旦定期購入の際に練習通勤してみようかなと思っています。

    今回良かったことと安心したこととして、復職許可が出たこと、旅行について褒められたこと、とりあえず愛知の病院でも車椅子の使用に一旦の理解をもらえたこと、まず通勤練習してみてはという現実的な意見を貰えたこと、痛みの頓服を貰えたことです。
    頓服がどれほど効くかは分かりませんが、ちょっと期待してみたいです。

    次の診察は、通勤が始まった週の水曜日。まぁ復帰してすぐ通院で休むということになるのですが...。
    その時には車椅子通勤するかとかもう少し先を見通して話せたらいいかな。
    後は痛みが少しでも抑えられますように。
    | レックリングハウゼン病 | 21:22 | comments(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 21:22 | - | - | - |